診療時間

捻挫・打撲・骨折

こんな症状でお悩みではありませんか

  • リハビリを受けたいが、どこが良いのか分からない
  • 交通事故で患った捻挫や打撲が長引いて生活に支障が出ている
  • 後遺症が残らないか不安
  • 交通事故に遭って捻挫をしてしまい痛みが強くなってきた

交通事故に遭って『捻挫・打撲・骨折』をした時の対処法とは?|わたなべ接骨院

交通事故によって強い衝撃を受けると手首・腕の骨折や、首・腰の捻挫を患ってしまうケースが多くあります。そこで、痛みが強い場合は何と言っても安静第一で、保冷剤などでアイシングしましょう。

骨折の場合は医療機関で検査を受けることで、外見ではわからない骨折も発見することができ、病院で骨折を治療する場合はレントゲンで骨の癒着が確認された時点で「治った」と診断され、そのまま終わるケースが多くあります。

ですが、交通事故で受けた衝撃は身体の至る所にダメージを与えている可能性があり、以前の健康な身体へ戻るためにはそれなりの時間がかかります。

なので、病院で治療が終わった後に後遺症が出てくることも決して少なくはありません。

そこで、当院へぜひご相談ください!

事故以前の健康体を取り戻すために、根本的な治療をさせて頂きます。

捻挫・打撲・骨折へのアプローチ|わたなべ接骨院

まず、複雑骨折といった損傷が激しい場合は病院での手術が必要です。

ですが、自然に癒着する骨折だと診断された場合は、ギプスで固定して待つことになります。

ですが、骨折かどうかが分からない場合は整骨院で治療を始める事も可能ですが、まずは医療機関で精密検査を受けられる事を当院ではお勧めしております。

その理由は、整骨院ではリハビリ・捻挫・打撲などの治療は行えますが、精密検査を行うことができないからです。

したがって、痛みが強い場合は医療機関で処方された薬、湿布を使いながら整骨院で治療を受け、併用することで早期回復ができるのです。

当院でのリハビリの特徴は、身体の深層筋からのバランスを治療致します。それは、痛みだけを取るのではなく、交通以前の健全な状態に戻すことを目的としいるからです。

当院だから可能な交通事故での捻挫・打撲・骨折の施術方法|わたなべ接骨院

・骨折への施術法

まず、医療機関で骨折と診断された後は、定期的に経過観察をしてもらいましょう。

そして、ギプスが外せるようになって病院の治療が終わり次第、当院でのリハビリが可能になります。

その際は、手技や筋力トレーニング、さらにストレッチといった施術が中心になります。つまり、「医療機関で経過観察をしてもらいながら整骨院でリハビリをする」という、両方の良いとこ取りをお勧めしております。

・捻挫・打撲への施術法

よく、捻挫は放置すれば治るとお考えの方がいらっしゃいますが、それは間違いだと言えます。

痛みは時間経過と共に消えますが、捻挫して靭帯や筋肉が伸びてしまった状態からは回復していません。そのまま放置すると、以降はで再発しやすくなってクセになってしまうのです。そうなる前に早期治療を行いましょう。

当グループでは、交通事故で負った骨折・捻挫・打撲に対し、専門治療を持ったスタッフが早期回復や根本治療を目指しております。

お悩みは一人で抱え込まず、気軽に当院までご相談ください。

お問い合わせ

TEL

アクセスマップ

LINE

診療時間

住所
〒710-0811
岡山県倉敷市川入817-1 シュバリエブラン壱番館A
アクセス
イオン倉敷やアリオ倉敷から車で3分