診療時間

交通事故に遭ったら

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 事故直後は大丈夫だったが、しばらく経ってから調子が悪くなった
  • 事故後から頭痛やめまいの症状に悩んでいる
  • 痛くて整形外科に行ったが、特に異常がないと言われた
  • 痛くて寝返りが打てず、ゆっくり休めない
  • むちうちをしっかり治療できるのはどこか知りたい

交通事故後はすぐに病院へ|わたなべ接骨院

交通事故に合うと、警察へ連絡したり、保険会社へ色々な手配のために連絡したりと、やることがたくさんあり、あっという間に時間が過ぎていきます。その間も、脳は興奮していてアドレナリンがたくさん出ているので、痛みを感じる器官が麻痺しています。

そのため、事故直後は痛みを感じないことも多いので、すぐに病院へ行かなかったりして、気付いたら痛み以外にも吐き気や頭痛、手足のしびれ、不眠、冷えなどの色々な症状が出てきてしまう場合も多々あります。交通事故後は、痛みがあってもなくても、病院や整形外科へ行き診てもらうようにしましょう。

むちうちの後遺症は怖い…|わたなべ接骨院

むちうちは、頚椎に強い衝撃を受けて捻挫の状態になることで痛みが生じます。頚椎が歪むと、その周りの筋肉が緊張し、背骨や骨盤までもが歪んでしまいます。それにより、椎間板ヘルニアやそれに伴う坐骨神経症を引き起こすこともあります。

むちうちが悪化すると、頭痛やめまい、耳鳴り、吐き気などの自律神経症状や、腰痛や脚の痺れ、歩行障害、排尿障害などの症状を引き起こすこともあり、とても怖いです。そのような症状が現れると、事故の前のように仕事や家事、趣味を自由にすることも難しくなってしまうので、むちうちは、症状がひどくなる前に一日も早く治療を受けることが大切です。

覚えておきたい交通事故直後の行動3選|わたなべ接骨院

交通事故に慣れている人は少ないと思いますので、事故直後は、誰もがパニックになり、冷静な判断ができないことが多いです。後々の後悔しないために、以下の3つのポイントを抑えておきましょう!

ポイント1 まずは速やかに警察に連絡しましょう

対人・対物事故、自損・自爆事故など、どのような事故の場合でも、必ず警察に連絡し、事故の当事者だけで判断せずに、警察に状況を判断してもらいましょう。保険の手続きを行う際には、交通事故証明が必要になります。このように必要な補償を受けるためには、警察の手助けが必須です。また、示談や治療に関する交渉は、その場では行わず。必ず、保険会社などの専門家を通してやりとりしましょう。

ポイント2 加害者の情報収集をしましょう

ご自身が被害者の場合、後々の保険会社とのやりとりに必要になってきますので、相手の免許証やナンバープレートを控えておくようにしましょう。写真に収めておくのがおすすめです。また、連絡先や保険会社の情報も聞いておくと良いでしょう。

ポイント3 目撃情報も集めましょう

後々の示談交渉の際に、過失割合が変わってくることもあるので、もし周りに目撃者がいた場合は、証言をメモしたり、動画を撮影したりすると良いでしょう。

お問い合わせ

TEL

アクセスマップ

LINE

診療時間

住所
〒710-0811
岡山県倉敷市川入817-1 シュバリエブラン壱番館A
アクセス
イオン倉敷やアリオ倉敷から車で3分